JavaScriptを使っています。JavaScriptを有効にして下さい。
 

「アンテナの歴史」委員会

 

アンテナの歴史 はじめに

 八木・宇田アンテナや富士山頂レーダーをはじめ日本が開発したアンテナには、 IEEE Milestoneに指定されるなど国際的にみても評価が高いものが数多くあります。

 しかし、時代の変化と共にアンテナ自体の取り壊しや資料の散逸も目立ちはじめており、 アンテナ研究者ばかりではなく、この分野に関わる技術者にとって極めて残念な状況にあります。

 アンテナ伝播研究専門委員会では、次世代を担う技術者の教育・啓蒙を目的に、 後世に残すべき資料の調査を行なってきましたが、 「アンテナの歴史委員会」を平成12年5月に組織し、 既に評価が決まっているアンテナだけではなく、 将来の可能性も考慮しできうる限りの資料を保存することとしました。

お知らせ



●当委員会作成の
「日本の開口面アンテナ年表」
を仮公開中です.


●当委員会主催特別講演
「マイクロストリップアンテナ回想録」
東京農工大学 鈴木康夫氏,2013年7月AP研
資料公開中です.(約9MB)
なお,教育目的以外の使用は出来ません.




●当委員会主催特別講演
「宇宙通信とパラボラ」
KDDI研究所 野本真一氏,2012年7月AP研
資料公開中です.(約5MB)
なお,教育目的以外の使用は出来ません.




●当委員会主催特別講演
「放送アンテナ技術の発展とスーパーハイビジョン時代への課題」
放送衛星システム(B-SAT) 正源和義氏,2012年1月AP研
資料公開中です.(約3.6MB)
なお,教育目的以外の使用は出来ません.






●当委員会主催特別講演
「ワイヤレスブロードバンド時代に至るアンテナ技術の変遷」
福井大学 堀俊和先生,2010年11月AP研
資料公開中です.(約28MB)
なお,教育目的以外の使用は出来ません.



自分でWEBに登録できます!

アンテナの資料をお持ちの方はどんどん登録して下さい。

  本ホームページに掲載されている写真や図面等の著作権は、提供者または歴史委員会に帰属していま す。また、歴史委員会が作成したホームページの著作権は歴史委員会に帰属しています。 ただし各写真、図面および登録情報の著作権は各提供者に帰属します。

 個人的使用目的 で印刷、閲覧する以外の使用は出来ません。無断複写・転載、およびホームページの一部にリンクし使用 することを禁じます。リンクを張る場合はhttp://ap.ei.tuat.ac.jpにお願いいたします。

 
 
   
   
   
このページはNetscape4.0、Internet Explorer5.5で動作確認済です。